無料不動産投資セミナーでコツ伝授|投資ビギナーも夢実現

不動産

証拠金取引を利用

fxとはどんな仕組みなのでしょう

住宅

fxを日本語では外国為替証拠金取引といいます。ここでは、入門ということですから外国為替取引と証拠金取引の2つに分けて、その内容をみてみましょう。 一般的な外国為替は、通貨の異なる2国間貿易などの決済に直接現金の輸送などを伴わない方式のことをいいます。fxでいう外国為替取引は、異なる2つの通貨ペアの交換あるいは売買のことです。例えば、米ドル円の通貨ペアが取引では、その時の交換比率が提示されていますので、その比率で、米ドルを売って円を買う取引と米ドルを買って円を売る取引の2種類の外国為替取引があります。 入門者には耳慣れない証拠金取引は、何かを売買する時に、取引代金の全額の受け渡しをしないで、その一部のお金を証拠金として預けてれて取引を成立させる方法です。これがfxの重要な部分となります。

外国証拠金取引のメリットとは

fxの入門者が1番知りたいのは、そのメリットではないでしょうか。まず外国為替取引のメリットは、取引時間が長いことです。実際には、月曜日の朝から土曜日の明け方まで、ほとんど途切れることなく取引が続けられています。これは、時間に縛られることの多い人でもどこかに取引できる時間があるということです。 もう1つは、証拠金取引のメリットです。これは、取引金額に比べて少ない証拠金を預け入れるだけで、その何倍から20倍程度までの取引ができるところです。言い換えますと、少ないお金で大きな利益を得る可能性があるところです。 他にもfxのメリットはありますが、入門者でしたら上記の2つが株式などの現物取引と大きく異なるところですから頭に入れておいて下さい。